未分類

「もっと抱っこしてほしかったし、頭をなでてほしかった」 三浦春馬さんの“たった1人の娘”稲垣来泉が思いつづる

「もっと抱っこしてほしかったし、頭をなでてほしかった」 三浦春馬さんの“たった1人の娘”稲垣来泉が思いつづる

稲垣さんと三浦さん(画像は「TWO WEEKS」Instagramから)

 子役の稲垣来泉さんが8月22日、2019年に出演したドラマ「TWO WEEKS」(フジテレビ系)で共演した三浦春馬さんが亡くなって以降初めてInstagramを更新し、父親役だった三浦さんへの思いをつづりました。 【画像】三浦さんに抱っこされる稲垣さん(他1枚)  7月18日に三浦さんの訃報が伝えられると、稲垣さんのInstagramには心配するファンから多くのコメントが寄せられていました。それから約1カ月半、「何か投稿しようと何回も思ったのですがうまく投稿できませんでした。まだ頭と心がまとまりません」と心境をつづった稲垣さん。「がんばったらまた共演できて『大きくなったね』と言ってもらいたいと思っていました」「もっと抱っこしてほしかったし、頭をなでてほしかったし、たくさんお話したかった」と三浦さんへの思いを伝えています。  稲垣さんは三浦さんのことを考えると「悲しくなって、考えないようにしてしまっていました」とも。しかし、思い出の写真を見ることができないほど悲しみの中でも、母にお願いして三浦さんがジェシー役で出演している映画「コンフデンスマンJP-プリンセス編-」を鑑賞したことを明かし、「ジェシーはとってもかっこよくて 久しぶりに顔が見れて会えた様な気持ちになれました」と心の内をつづっています。  他にも、映画「リメンバー・ミー」と三浦さんへの思いを重ね合わせ、「人は人に忘れられない限りずっと生き続けていると知りました。だからずっと生き続けています」ともコメント。最後に、「ずっと大好きです」「一緒の時間を過ごせて沢山お話できて笑い合えてとても幸せでした」と三浦さんへメッセージを送っていました。  ファンからは「ずっと心配していました。辛い中でも投稿してくれてありがとう」と感謝する言葉とともに、「春馬くんは絶対くるみちゃんのこと守ってくれるよ! だってたった1人の娘じゃん!」「春馬くんはくるみちゃんにとっての永遠のパパだよ」と応援する声も届いています。