未分類

修学旅行”不参加”を決めた母親「眠れないくらい悩んだ」…行き先を近場に変える学校も

新型コロナの影響で、東海3県の多くの小中学校は、春に予定していた修学旅行を秋に延期しています。  まもなくその秋の修学旅行のシーズンということで、学校や保護者は悩みながら対応しています。  愛知県一宮市のある中学校は、8月末から2泊3日の修学旅行を控えています。  行き先は、神奈川県と東京ディズニーランドなどです。 「本当に眠れないくらい悩みました。食欲もなくなるくらい」(中学3年の娘の母親)

修学旅行"不参加"を決めた母親「眠れないくらい悩んだ」…行き先を近場に変える学校も

インタビューに応じてくれた中学3年の娘の母親

 こう悩みを話してくれたのは、中学3年生の娘がいる母親です。  娘は当初「何が何でも行きたい」と修学旅行を楽しみにしていたといいます。  しかし、親子で悩んだ末、修学旅行に行かないことを決めました。  団体で関東へ遠出するという不安があるためです。 「祖母がぜんそくで肺の病気があります。東京方面に行って帰ってきて、不安を抱えながら2週間過ごすリスクを考えて、行くべき旅行なのかと話し合い、娘もだんだんわかってくれました」(中学3年の娘の母親)

一宮市の中学校では修学旅行に行く生徒は8~9割

修学旅行"不参加"を決めた母親「眠れないくらい悩んだ」…行き先を近場に変える学校も

受験に影響が出ない8月末~9月末に実施予定

 一宮市教育委員会によりますと、市内19の全ての中学校が、春に予定していた修学旅行を延期しました。  高校受験の時期に影響が出ないよう、8月末から9月末までの間で日程が組まれています。  今のところ、修学旅行の再延期や中止を決めた学校はないということです。  教育委員会によりますと、市内の中学校で、修学旅行に行く生徒は8~9割、行かない生徒は1~2割です。 「学校が十分考えて、日程、行き先を決めているので、尊重したいと考えています」(一宮市教育委員会 学校教育課 伊藤基生主監)    保護者から上がる不安の声については… 「心配の声について、いくつか聞きました。最大限の安全配慮で、心配を払拭するよう手を打っています」(一宮市教育委員会 学校教育課 伊藤基生主監)

 母親は、今でも不参加の決断が正しかったのか揺れています。 「GoToトラベルもやっているし、修学旅行に行って『一人も感染しなくてみんな良かったね』となった時に、娘も行けば良かったと思ったら、すごく複雑です」(中学3年の娘の母親)

修学旅行"不参加"を決めた母親「眠れないくらい悩んだ」…行き先を近場に変える学校も

三重県津市の芸濃中学校は行き先を変更

 一方、修学旅行の行き先を、同じ県内の近場に変更した学校があります。  三重県津市の芸濃中学校は、9月1日から1泊2日で伊勢志摩へ修学旅行に行くことにしました。 「めまぐるしく感染の状況や社会情勢が変わってきているので、その時点時点で、少し先を見据えて判断しないといけません。検討すべき点がすごくたくさんありました」(津市芸濃中学校 川原田元校長)  学校は、当初5月の計画を8月にずらして、2泊3日で広島・大阪方面に行く予定でした。

校長「3年生をなんとか修学旅行に行かせてあげたい」

修学旅行"不参加"を決めた母親「眠れないくらい悩んだ」…行き先を近場に変える学校も

保護者にアンケートを実施

 「いつ行くのか」または「中止すべきか」など、保護者にアンケートを取り、意見を聞きました。 「例えば、行き先を感染者の少ない四国はどうかとも検討しました。いろんな行事が3年生はなくなっているので、3年生をなんとか修学旅行に行かせてあげたいと思いました」(津市芸濃中学校 川原田元校長)  県内に決めたことで、新型コロナの対策にメリットがあると言います。 「仮に広島に行って、そこで発熱した場合、保護者に迎えにきてもらう状況になると、保護者に非常に大きな負担をかけてしまいます。伊勢志摩方面なら、すぐに迎えにきていただけます。何かあったら、学校から職員が応援にかけつけることもできます」」(津市芸濃中学校 川原田元校長)

修学旅行"不参加"を決めた母親「眠れないくらい悩んだ」…行き先を近場に変える学校も

修学旅行のしおりの表紙は変更せず

 修学旅行のしおりの表紙は広島・大阪方面のまま。これも大事な思い出です。  行き先は、学校から車で1時間半の近場に変更し、日程も短くなりましたが、生徒たちは楽しみにしているといいます。 「修学旅行は、3年間の中学校生活の大きな行事です。仲間とともに宿泊をともにして、過ごす良さや絆を強めてほしいと考えています」(津市芸濃中学校 川原田元校長)  文部科学省は「教育的意義や生徒らの心情に配慮したうえで、中止ではなく、なるべく実施してほしい」という方針を示しています。

愛知県の小中学校は実施予定

修学旅行"不参加"を決めた母親「眠れないくらい悩んだ」…行き先を近場に変える学校も

碧南市の中学校は「2度の延期」に

 東海3県の修学旅行の状況を各自治体に取材しました。  愛知県教育委員会によりますと、愛知県内の小中学校は、6月18日時点で修学旅行の中止を決めた学校はないということです。  ただ、碧南市の中学校では春から8月に延期され、8月をさらに延期して10、11月ごろに実施する予定です。  「2度の延期」という結果になりました。

名古屋市の中学校は中止を検討しているところも

修学旅行"不参加"を決めた母親「眠れないくらい悩んだ」…行き先を近場に変える学校も

名古屋市の小学校は中止は今のところなし

 春に予定していた小学校は秋に延期、さらに年明けに延期しているところもあるということです。  今のところ、中止の小学校はない見込みです。  中学校は春の予定を秋に延期、そして、中止の検討をしている学校もあるということです。  例年、東京ディズニーランドに行く学校も多いのですが、行き先を、関西、山梨、静岡などに変更している中学校もあります。

岐阜市と三重県津市の状況は?

修学旅行"不参加"を決めた母親「眠れないくらい悩んだ」…行き先を近場に変える学校も

岐阜市の中学校のなかには中止を決めたところも

 岐阜市は、小中学校ともに「行先は県内とし日帰りで実施する」または「中止」を各校で判断します。  すでに中止を決断した学校もあるということです。

 津市の多くの小学校は、行き先を「三重県内」に決めました。  津市の中学校は、例年、東京、大阪などへ行く学校が多いのですが、今年は感染が拡大している地域を避けて、四国方面や岡山、広島へ行く学校が多いということです。  今のところ、小中学校とも中止を決めた学校はありません。 (8月27日 15:40~放送 メ~テレ『アップ!』より)