未分類

大坂なおみが準決勝ボイコット 黒人男性銃撃に「怒り」

大坂なおみが準決勝ボイコット 黒人男性銃撃に「怒り」

大坂なおみ

 米ニューヨークで開催中のテニス「ウエスタン・アンド・サザン・オープン」の女子シングルスに出場中の大坂なおみ選手(日清食品)が26日、米ウィスコンシン州で黒人男性が警官に背後から銃撃された事件などに抗議し、27日の準決勝を棄権すると表明した。その後、大会主催者は27日の全試合を28日に延期すると発表した。 【動画】#BlackLivesMatterはなぜ生まれ、注目されるのか  大坂選手はツイッターなどに「私はアスリートである前に、一人の黒人の女性です。私のテニスを見てもらうよりも、今は注目しなければいけない大切な問題がある。相次いで起きている警官による黒人の虐殺を見ていて、腹の底から怒りがわく」などと訴えた。大坂選手は26日、準々決勝に勝利していた。  大坂選手が棄権を表明する前には、米プロバスケットボールNBAが26日に予定されていたプレーオフ3試合の延期を発表した。同州ミルウォーキーに本拠を置くバックスがマジック戦をボイコットしたため。NBAが選手会と協議して決めた。バックスはチームの総意として「これまでも(社会の)変革をものすごく嘆願してきたが、行動に移されなかった。今日はバスケットに集中してはいけない」などと声明を出した。  大リーグでもミルウォーキーを本拠とするブルワーズの試合などが同様の理由で延期になるなどスポーツ界で抗議活動が広がっている。ブルワーズなどは共同声明を出し「重要な問題だと、より注目してもらうために決断した」と説明した。(遠田寛生)