未分類

三浦春馬さん四十九日…自死当日の経緯発表でも残るファンのモヤモヤ

三浦春馬さん四十九日…自死当日の経緯発表でも残るファンのモヤモヤ

三浦春馬さん(C)日刊ゲンダイ

 日本中を震撼させた三浦春馬さん(享年30)の自死からはや1カ月半。4日、四十九日を迎えた。ファンの悲しみは今も深く、三浦さんが出演した8月15日放送のNHKドラマ「太陽の子」は重厚なテーマにもかかわらず視聴率は10%を超えた。劇中で三浦さんが入水自殺しようとするシーンでは慟哭する視聴者が多かったという。8月26日発売の新曲「Night Diver」は20万枚を超えるスマッシュヒットを記録。売り上げの一部は、三浦さんが生前から援助していたラオスの小児病院に寄付されるという。 【写真】三浦春馬さん“襟足長め”ヘアスタイルもバッチリ  そして9月15日から、三浦さんにとって本当の遺作になる「おカネの切れ目が恋のはじまり」(TBS系、火曜22時枠)が始まる。通常、出演者が亡くなるとプロモーションが控えめになったりするものだが、この「カネ恋」に関しては違うようで、8月22日に30秒のティザー映像が解禁された。「ティザー」は“じらす”の意味で、視聴者の興味を十分に引く作りとなっている。同じ枠でオンエアされた「私の家政夫ナギサさん」は大ヒットに終わったが、先週の放送後から「カネ恋」の予告映像が大々的に流れていた。 「『カネ恋』は当初の編集予定を大幅に変更して、主人公・猿渡慶太(三浦さん)の笑顔の登場シーンを可能な限り広げてラブコメ仕立てにしました。ドラマを楽しむのと同時に、役者・三浦春馬の役作りを楽しむ作りになっています」(スタッフのひとり)  4話限定でドラマを放送するTBSには三浦さんへの追悼の思いもあるのだろう。ただ、心の整理がつかないファンもいるようだ。 ■今も次々と寄せられる悲しみの声  筆者のブログ(芋澤貞雄ノ、本日モ反省ノ色ナシ)やツイッターには、こんな悲しみの声が今も次々と寄せられている。 〈春馬君は本当に亡くなったんでしょうか……遺体引き取りの翌日に火葬って可能でしょうか。春馬君を早く返して欲しいです〉 〈あんなにも愛されて誠実に実直に素晴らしい作品たちと向き合ってきた春馬くんが、なぜこんな最期を迎えたのでしょうか〉 〈春馬くんが人知れずどこかで生きていてくれたらと思います。そして春馬くんの作品の全てが芸能界で生きた彼の証しなので……それを大切にしていくしかありません〉  三浦さんのファンたちが混乱し、心が悲鳴をあげる人もいるのは“モヤモヤ”が解消されずにいるためだろう。その要因のひとつは、いまだはっきりしない点があるためだ。  4日、所属事務所「アミューズ」は四十九日に合わせて「当日の経緯」や「遺書の有無」「お別れの会の予定」について報告する文書をホームページ上に公開した。しかし、ファンが知りたがっている「担当マネジャーが三浦さんの自宅に迎えに行った約束の時間(何時だったのか)」、そして「病院に搬送された時間」の2点がすっぽり抜け落ちていた。三浦さんが永眠した時間を「14時10分」と明記するのであれば、ファンはこの肝心の2点も明らかにしてほしいと思ったはずだ。  ファンのモヤモヤは軽減されるどころか、ますます強まったかもしれない。 (芸能ジャーナリスト・芋澤貞雄)