未分類

気象庁、台風10号「九州全体を覆う」

台風10号の今後の見通しについて、気象庁は午後5時、台風に伴う風速25メートル以上の暴風域が中心からみて東側に拡大する傾向があり、今後、九州全体を覆うとの新たな見通しを示しました。  台風の東側に位置する九州・四国・中国の沿岸では6日夜から7日未明にかけて満潮時刻を迎えるため、暴風域の拡大によって風の強さが増し、鹿児島や福岡、山口、愛媛では記録的な高潮による大規模な浸水などが発生するおそれがあるとして、引き続き、暴風や高潮などに対する最大級の警戒を呼びかけています。(06日17:26)