未分類

「命を守る行動を」関係閣僚会議で安倍総理

「命を守る行動を」関係閣僚会議で安倍総理

安倍総理

 政府は大型の台風10号に関する関係閣僚会議を開催し、安倍総理大臣が「河川の氾濫の危険性が高い」として最大級の警戒を呼びかけた。 【映像】発言する安倍総理

■安倍総理の冒頭発言

 台風第10号は大型で非常に強い勢力を維持して、明日にかけて九州にかなり接近または上陸する恐れがあります。広い地域でかつてない記録的な大雨、防風、高波、高潮となる恐れがあり、最大級の警戒が必要です。今後の大雨により川内川、肝属川、五ヶ瀬川、小丸川、大淀川、球磨川において、氾濫等の危険性が高い状況にあると共に、それ以外の河川においても十分に警戒する必要があります。  また、大雨による土砂災害のほか、九州、四国、中国地方においては記録的な高潮となり、大規模な浸水の恐れがあります。河川の氾濫や高潮等の危険性が高い地域にお住いの方々をはじめ、国民の皆さまにおかれては自治体等からの情報に十分注意し、避難や安全確保等、命を守る行動を直ちにとって頂くことをお願いします。  様々な事態に対応するため、警察、消防、海上保安庁はもとより、自衛隊も即応体制を敷いています。引き続き、対応に万全を期して下さい。各位にあっては国民の皆様に対し情報発信を適宜的確に行うと共に、自治体や関係機関と緊密と連携しながらあらゆる事態に即応するようお願いします。 (ANNニュース)