未分類

和田アキ子も晩節汚す…冠番組のお粗末企画で業界から大ヒンシュク

和田アキ子も晩節汚す…冠番組のお粗末企画で業界から大ヒンシュク

和田アキ子(C)日刊ゲンダイ

 かつて“芸能界のご意見番”と恐れられていた和田アキ子(70)もこのコロナ禍、ついに晩節を汚してしまったか。唯一のレギュラー番組である日曜昼の「アッコにおまかせ!」(TBS系)で大ポカをやらかした。目玉企画として放送した「2020年下半期 不倫スクープを先取り!」特集が業界関係者から大ヒンシュクを買ってしまったのだ。 【関連】和田アキ子も顔に変化…「眼瞼下垂」とは? 「番組は“超有名週刊誌のスクープカメラマンの情報”を紹介するという体裁でした。中身は『モデル・女優として活躍する40代女優が芸人と不倫中!?』というもの。出演者の泉ピン子(72)やあびる優(34)らが想像を膨らませる中、出演者にのみ40代女優の実名が公開されるというお馴染みのパターンです」(キー局関係者)  一体、この女優はだれだったのか? 「結論から言えば、誰でも当てはまるわけです。噂レベルですからね。SやH、Mなど数多くいますよ。恐らくこの手のネタはヤラセに近いガセ情報です」と断言するのは大手出版社の週刊誌デスクだ。  この“スクープカメラマン”が同番組にネタを振る理由は一体何か。 「テレビに話をしたところでギャラは数万円がいいところです。確実なネタだったら自分でスクープした方がギャラもいいし、立場もよくなる。テレビで表沙汰になった時点で警戒されて終わりです。基本、週刊誌の仕事で得た情報をどんな理由があるにせよ他媒体に漏らせば解雇です」(前出の週刊誌デスク)  さらにこんな声も。 「ネタが嘘だろうが何だろうが、スクープカメラマンという逃げ口上をつくれば番組の構成上は何でもできる。いずれにせよ今回の件でネットなどで名前を出され疑われた女優や芸人にとっては、本当にいい迷惑ですよ」(放送作家) ■誰も近くに寄ってこない  それにしても気になるのはなぜ、和田はこうした企画に対しGOサインを出したのか? 「焦りですよ。最近は誰も和田のそばに近寄らなくなってしまった」と証言するのは某芸能リポーター氏。 「紅白も卒業を宣言したため、最近は記者や芸能リポーターらが意見を求めにこなくなってしまった。番組内での和田のズレた発言がたびたび炎上しているうちはよかったが、最近は、誰からも相手にされなくなってきている。それが寂しくてたまらないようです」(芸能リポーター)  すでにとても「おまかせ」できない状態か。このままだと石田純一と同格になってしまうかもしれない。