未分類

美人パティシエ殺害事件、元カノを23回刺して自殺した男の病的な“被害妄想”

美人パティシエ殺害事件、元カノを23回刺して自殺した男の病的な“被害妄想”

家族や友人を大切にしていたことがわかる野口麻美さんのインスタグラムからの写真

《私が元交際相手野口麻美から多大なる嫌がらせを受け》 《どうしようもない憤りから彼女を許すことができず》 【写真】野口さん殺害後自殺したTと、怨念のこもった文章  自身が営む東京・世田谷区の洋菓子店『I』のインスタグラムに、そう怨念のこもった文章をしたためたあと、Tは凶行に走った。

野口さんはTの自殺を心配していた

 8月30日、日曜日の早朝、レンタカーに脚立、ガラスを焼き切るガスバーナー、包丁2本を積み込み、野口さんが住む中野区のマンションへと向かったT。  部屋へ忍び込むと、包丁で彼女の背中や首など23か所をメッタ刺しにして、一部は肺まで届き、強い殺意が込められていたようだ。  Tは犯行後、約2キロ離れた同区の実家マンションへ戻り、7階の共有通路から飛び降りて、みずからの命を絶ったのだった─。  3時間後、野口さんは実弟によって発見され、事件は発覚。  そのときの様子を、野口さんの親族が絞り出すように週刊女性に語ってくれた。 「麻美の弟が第一発見者だった理由は、彼は姉がTからのストーカー行為や暴力を受けたことを知っていて気にしていたからです。Tのインスタを読んで、自殺するのではと感じたようです。  麻美もかねてからTが自殺することを心配していたので、気になって姉のマンションを訪ねたのです。  そこで、姉が血だらけで倒れていたので、状況がよくわからないまま、“ああ、姉も責任を感じて、自殺したんだ”と思ったようです」  野口さんとTとの出会い、そしてストーカー行為の始まりのきっかけは何だったのだろうか。Tの過去を知る人物への取材で明らかになったその素顔とは。