未分類

コロナ感染後に川崎病 1歳男児発症、国内で初確認 海外で類似ケース

コロナ感染後に川崎病 1歳男児発症、国内で初確認 海外で類似ケース

国立感染症研究所が分離した新型コロナウイルスの電子顕微鏡写真=同研究所提供

 東京都立小児総合医療センター(東京都府中市)で3月下旬、新型コロナウイルスに感染し入院した1歳男児がその後、全身の血管に炎症が起きる川崎病と診断された。新型コロナと川崎病との因果関係は不明だが、新型コロナの感染後に川崎病の発症を確認したのは国内で初めて。海外でも同様のケースが相次いで報告されており、専門家は注意を呼びかけている。  同センターが近く、日本小児科学会の英文学会誌で発表する。  川崎病は、乳幼児を中心に高熱や白目の充血、真っ赤な唇と舌、体の発疹、手足の赤み、首の腫れなどの症状を伴う原因不明の病気だ。早期に発見し、血管の炎症反応を抑える治療をすることが重要とされる。  同センターによると、3月中旬に男児の母親が新型コロナウイルスに感染し、その1週間後に男児も高熱やせき、鼻水の症状が出た。母親の濃厚接触者だったためPCR検査を受け、陽性と判定された。その後、検査で陰性が確認され退院したが、3週間後に再び発熱したため再度受診。首の腫れや手の赤み、体の発疹などの症状から川崎病と診断された。その後、炎症を抑える血液製剤などで治療を開始。翌日には熱が下がり、順調に回復した。  欧米では川崎病に似た症状を示す患者が増加し、多くに新型コロナウイルスの感染歴があったため、関連が指摘されている。同センターで3~5月に川崎病と診断された患者は0~11歳の14人。新型コロナウイルスの感染歴を調べる抗体検査の陽性者はこの1歳男児だけだった。  男児の主治医で感染症科の宇田和宏医師は、1例だけでは新型コロナウイルスと川崎病との関連は分からないとしながらも、「新型コロナウイルスに感染した子どもは発症から1、2カ月間、川崎病の症状がないか医療者や親が注意してみてほしい。気になる症状があれば医師に相談、受診し、早期に治療することが重要だ」と話している。【御園生枝里】