未分類

酷暑の米西海岸、史上最悪レベルの山火事…東京23区の20倍焼失

酷暑の米西海岸、史上最悪レベルの山火事…東京23区の20倍焼失

米カルフォルニア州北部で発生した大規模な山火事(9日、AP)

 【ロサンゼルス=久保庭総一郎】酷暑が続く米西海岸を中心に大規模な山火事が広がっている。カリフォルニア州サンフランシスコ周辺では9日、大量に流れ込んだ煙で上空が覆われ、街一帯がオレンジ色に染まる現象が起こった。  州消防当局によると、今年に入り山火事は7700件を超え、8月下旬以降に多発している。焼失面積は東京23区の約20倍に相当する約1万2800平方キロ・メートルで、史上最悪のレベルという。死者は約20人で、6300棟以上の建物が全半焼した。11日現在も30か所以上で消火活動が続いており、当局は一部地域で避難勧告を出したり、公有林を一時閉鎖したりしている。  山火事が広がっているのは、昨冬の積雪量が少なかったことが一因だという。ロサンゼルス近郊では6日に観測史上の最高気温となる49・4度を記録するなど歴史的猛暑も加わり、草木が乾燥した状況になっている。米国では11日時点で、オレゴン、ワシントン州など、少なくとも12州で大規模な山火事が起きている。