未分類

長崎で猛烈な雨と風 貨物船が座礁、側溝に落ち男性死亡

長崎で猛烈な雨と風 貨物船が座礁、側溝に落ち男性死亡

対馬市の三ツ島付近で座礁した貨物船=対馬海保提供

 九州北部地方に停滞している前線の影響で12日午前、長崎県で局地的に猛烈な雨に見舞われた。長崎市では側溝で倒れている男性が見つかり、病院で死亡が確認された。 【写真】雨の影響で陥没した道路に落ちた車両=12日午前、長崎市大崎町、長崎県道路維持課提供  午前2時25分ごろ、長崎県対馬市の三ツ島近くで、パナマ船籍の貨物船「CHANG SHUN1」(1467トン)から「機関故障のため航行不能となり、座礁した」と海保に通報があった。対馬海保によると、乗組員は中国人とミャンマー人の計14人。巡視船を現地に派遣したが、現場は毎秒約15メートルの風が吹き、波は約5メートルの高さで海が荒れているため、乗組員と接触できず、救助が難航している。  長崎市付近で午前6時までの1時間に約110ミリの雨が降ったとみられ、気象庁は午前6時10分、記録的短時間大雨情報を出した。同市野母崎では午前6時までの1時間に101ミリの降水量が観測された。県内では長崎市など5市町に一時、土砂災害警戒情報が出た。  県警大浦署によると、長崎市柳田町で午前8時25分ごろ、男性が側溝に落ちたのに近くの人が気づき、消防に連絡した。男性は数十メートル下流で救助され、病院に搬送されたが、約2時間15分後に死亡が確認された。救助現場の数十メートル上流で、約1・5メートル四方のふたがなくなり穴が開いており、署は男性がこの穴に転落し、流された可能性があるとみている。側溝の深さは1メートル以上という。  また県によると、午前6時50分ごろ、同市大崎町の県道で深さ約6メートル、長さ約15メートル、幅約7メートルの陥没が発生。走行中の車両1台が落下し、運転していた男性(39)が打撲のけがを負った。道路の下の地面が雨でえぐられたようだという。  県警によると、雨の影響で12日午前5時以降、長崎市の国道や県道計5カ所が冠水や道路崩壊で通行止めとなった。うち3カ所は午前8時40分までに解除された。高速道路は長崎インターチェンジ(IC)―大村IC間が一時、通行止めとなった。