未分類

「縦割り110番」にメール3000通 河野氏、反響大きく受け付け一時停止

「縦割り110番」にメール3000通 河野氏、反響大きく受け付け一時停止

「縦割り110番」への情報提供を呼びかける投稿=河野氏のツイッターより

 河野太郎行政改革・沖縄北方担当相が17日午後3時ごろ、自身のホームページ上に誰でも投稿できる「縦割り110番」を開設した。行政の縦割りによる弊害などの情報提供を呼びかけると、同日午後11時ごろまでに3000通以上のメールが寄せられたという。あまりの反響に河野氏は18日未明、意見を整理するため、新規の受け付けを一時停止するとツイッターで表明した。 【初当選!議員バッジを着けてもらう菅氏】  「行政改革目安箱(縦割り110番)を立ち上げました」。17日午後3時半過ぎ、河野氏がツイッターに投稿した内容に、内閣府に困惑が広がった。「政府として開設したものなのか、大臣個人のものなのか」と職員らは確認に追われたが、午後6時からの記者会見で河野氏は「私のホームページにぶら下げちゃうのが一番早い」と個人で開設したことを説明。すでに多くの提案が寄せられているとして「非常によかった」と自賛した。  110番開設は、縦割り行政の打破を掲げる菅義偉首相からの指示を受けてのものだ。ツイッター投稿の約30分前に開設されたホームページで、無駄な規制、仕事を妨げている規制、役所の縦割りで困っていることなどの情報提供を呼びかけた。「全てのメールを河野太郎本人が目を通します」としている。  沖縄担当相としても動き出している。16日の就任後、沖縄県の玉城デニー知事から、就任祝いのメールで早期の来県を求められると「土日にでも行きたい」と即答。19日に日帰りで沖縄を訪問し、玉城氏と会談することになった。  内閣府の職員は、縦割り110番に「これほど注目が集まるとは」と驚きつつ「このスピードについていけるのか」と戸惑いものぞかせる。【田辺佑介】