未分類

【巨人】原監督が11失点の大敗に怒り「こういうゲームは二度とやってはいけない」

【巨人】原監督が11失点の大敗に怒り「こういうゲームは二度とやってはいけない」

阿部慎之助ヘッドコーチ代行(右)と渋い表情で話をする原辰徳監督

◆JERAセ・リーグ 巨人0―11阪神(17日・東京ドーム)  巨人は17日、阪神に今季ワーストタイの11失点で大敗。3失策もあり、原監督は試合後、「こういうゲームは二度とやってはいけないゲームだね。やりたくないゲームだね」と激怒した。 【ハイライト動画】阪神・西に完封許す  先発のサンチェスは制球に苦しみ、今季自己ワーストの5失点(自責3)だった。2番手の桜井も、3回を投げ2本塁打を含む5安打で2失点。9回に登板の田中豊は2安打3四死球で、味方の2失策もあり4失点(自責1)だった。  1試合3失策で、指揮官は「それ以上のことはないね。今日は。先発ピッチャーの点の取られ方も含めてね。(西勇に完封された)攻撃も良いピッチングされているとはいえね。二度とこういうゲームはしないということですね」と語った。