未分類

10月”酒税変更”で…ビールは「値下げ」 第3のビールは「値上げ」に 「駆け込み需要」に備える店も

10月から、「ビール」の値段が変わることをご存じでしょうか? お酒の税率が変わることに伴って、リーズナブルで人気の「第3のビール」が値上げ、「ビール」が値下げとなります。街のみなさんの飲み方は、どんな風に変わるんでしょうか。 【記者リポート】 「大阪市内のスーパーに来ているんですが、店頭には、第3のビールの特設コーナーが設けられています」 大阪市城東区にある「フレンドマート深江橋店」に並ぶのは、第3のビールの24本入りケースです。 酒税法の改正で10月1日から第3のビールの税が上がることから、「かけこみ需要」によるまとめ買いに備えています。 【フレンドマート深江橋店・林輝彦店次長】 「まだ月半ばということで、6缶パック中心の販売になっておりますが、後半に向けてはまとめ買い、ケース売りというのが増えるんじゃないかというふうに予測しております」 10月から変更される酒税の詳細はこうです。 酒税は使用される原料によって決まっていて、350mlあたり、麦芽の量が多いビールは77円ですが、麦芽を使用してない第3のビールは28円と大きな差があります。 10月1日からは、第3のビールの税が10円程度引き上げられる一方で、ビールは7円の引き下げとなります。6年後には発泡酒も合わせて54円程度に統一されます。 政府は、第3のビールを開発してきた各メーカーの努力を認めつつも、複雑な税率を問題視し、酒税法の改正に踏み切ったのです。 家計にやさしい第3のビールが増税となることに消費者は… 【消費者は…】 「上げてほしくはないけどね。20、30円はちょっと困るけど、5円10円くらいは辛抱しましょうかね」 【消費者は…】 「10円上がると、やっぱり他の飲み物に流れるかなと、給料日の後くらいですかね。ビールは。値段が上がったらチューハイとかに戻るかな」 【消費者は…】 「せっかくメーカーが苦労してつくったのに、それを政府が勝手に(増税)するのは、どうかと思うんやけど」 割安な第3のビールは、新型コロナウイルスによる家飲み需要の拡大で、販売量が各社で増えていて、ビールメーカーのまさに「頼みの綱」10月からの増税で、販売量が鈍ることも予想されるため、メーカーは、駆け込み需要の取り込みに力を入れています。 第3のビール「金麦」が主力商品のサントリーは、商品を買えば、ユニバーサル・スタジオ・ジャパンの無料招待券が当たるキャンペーンを始めました。 9月前半の金麦ブランドの販売量は、前の年より3割増えているということです。 【サントリー近畿営業本部営業企画部新宅恭平さん】 「サントリーのビール事業の中でも、新ジャンルというのは、非常に負けられない、大きなウエートをしめてますので、この増税前のところでしっかりお客様にお買い求めいただけるように努めてまいりたい」 一方で、10月から減税となる「ビール」に商機を見出すメーカーもあります。 キリンビールは、国内初となる「糖質ゼロ」の缶ビールを10月から発売します。 「糖質ゼロ」は、発泡酒や第3のビールでは珍しくない一方、麦芽の多いビールでは技術的に困難でしたが、キリンが5年をかけて開発しました。 【キリンビール・マーケティング部・北島苑さん】 「ビール類飲んでいる方も8割は健康意識があると我々調査では見ているので。健康に留意してとか、体型に変化を感じて、こういった商品を選びたいニーズが高まっている」 キリンは、近年強まっている健康志向が、外出自粛などの影響でさらに加速するとみていて、新たなビール需要を掘り起こす狙いです。 いよいよ10月から変わる酒税率。 私たちのお酒の飲み方に、少なからず影響を与えそうです。