未分類

『一気に膨れた』観光客”激増”の京都・嵐山…お店や旅館の心配は『連休後にどうなるか』

4連休の最終日、近畿各地は多くの観光客で賑わいました。 新型コロナウイルスの影響が続く中、この4連休は賑わい復活のきっかけとなるのでしょうか? シルバーウィークの4連休最終日、京都の観光名所は… 【記者レポート】 「連休最終日の嵐山は関西以外からの観光客が訪れていて、大変賑わっています。こうした光景は久しぶりです」 連休とあって、飲食店や土産店に活気が戻っていました。 ただ課題は…この連休の後の平日にあると商店街の会長は話します。 【嵐山商店街・細川政裕会長】 「インバウンドの客が見込めない状況で、日本人の客は平日は仕事をしていたりして、なかなか平日に嵐山や京都に来られる客は少ない。日本人の客に愛される嵐山を再構築していく」 シルバーウイークの恩恵は、京都の旅館でも… 【ギオン福住・山田周蔵専務取締役】 「一言で言えば、一気に膨れたかなと感じています。本当に賑わっていて観光客の笑顔も見られた。観光事業者としてはうれしい」 この旅館では4連休の間、観光客や修学旅行生で全部の部屋が宿泊客で埋まりました。 満室になったのは、今年の正月以来だということです。 ただ、旅館にとっても、懸念はこの連休の後です。 【ギオン福住・山田周蔵専務取締役】 「ようやく日常に戻ってきたかなという感じはしていますが、この4連休が終わった後はまた平日・週末の予約状況はあまりふるっていないというのが今の状況です」 感染拡大を防ぎながら賑わいを取り戻すために…各地で手探りの取り組みが続いています。