未分類

三浦春馬さん密葬を報告

18日に亡くなった俳優・三浦春馬さん(享年30)の所属事務所・アミューズは20日、公式サイトを更新。三浦さんが18日午後2時10分に都内の病院で亡くなったことを報告するとともに、葬儀について「親族の方とも相談の上、すでに密葬というかたちで執り行わせていただきました」と伝えた。 【写真】昨年9月の仲良しショット…三浦翔平とのサーフィンでバッキバキの腹筋を披露した三浦春馬さん  午後5時に更新されたサイトでは「ファンの皆さま、関係各位」の書き出しで「2020年7月18日午後2時10分、三浦春馬 (享年30歳)が、都内の病院で亡くなりました」と改めて詳細を公表。  続けて「中学生の頃から16年という長きにわたって共に夢を語り、歩んできた大切な仲間のあまりにも突然の訃報に接し、弊社所属アーティスト、スタッフ共に、悲しみという感情を超えて茫然自失としており、悔やんでも悔やみきれないという思いです」と記し「彼の役者として仕事と向き合う姿勢は勿論、普段から誠実でチャーミングな人柄は、多くのファンの皆様、社内外の多くのアーティスト、スタッフからも愛されておりました」とつづった。  「一つ一つの作品に向かうエネルギーによって、本当に眩しく輝いていた彼の魂は、これまでの多くの作品と、それを受け取った全ての方の心の中で、決して失われることなく輝き続けることと思います」と伝え「いまだ信じがたく受け入れがたい気持ちであり、深い悲しみの中におりますが、三浦春馬は今後もアミューズのアーティストであり、私たちのかけがえのない仲間であることに変わりはありません」とした。  最後は「これまでお世話になりました関係者の皆さま、応援してくださったファンの皆さまにつきましては、新型コロナウイルスの感染予防にも配慮した上で時期を考慮し、お別れできる機会を別途、設けさせていただければと考えております」とし、詳細は後日案内する。  三浦さんは1990年4月5日生まれ、茨城県出身。1997年にNHK朝の連続テレビ小説『あぐり』でデビュー。映画『恋空』で『日本アカデミー賞』新人俳優賞を受賞。その後、ドラマ『ブラッディ・マンデイ』、『ごくせん』等で一気に知名度をあげる。2017年にはNHK大河ドラマ『おんな城主 直虎』にも出演。映画『君に届け』、『永遠の0』、『進撃の巨人』、『銀魂2 掟は破るためにこそある』など多くの話題作に出演していた。