未分類

CECIL McBEE、渋谷109含む全43店閉店へ

10~20代の女性に人気のファッションブランド「CECIL McBEE」(セシルマクビー)が、主力の「渋谷109」の店舗を含め全43店を閉じる。11月までに順次閉店する方針だ。  1990年代から若者ファッションの代表格としてブームとなり注目された。ブランドや店舗を運営するジャパンイマジネーションによると、渋谷109の店舗では全盛期には月1億円ほどの売り上げがあったという。  だが、比較的低価格なファストファッションの台頭などで客離れが進み、近年は売り上げが低迷していた。  ジャパンイマジネーションはほかのブランドも展開しているが、新型コロナウイルスの影響もあって全体的に売り上げが落ち込んでいる。セシルマクビー以外のブランドも含め店舗全体の9割に当たる計92店を閉店する。これに伴い、全従業員570人の大半を解雇し、再就職を支援するという。  ジャパンイマジネーションによると、感染拡大に伴う店舗の休業もあって、業績が悪化した。営業は段階的に再開したものの、ここに来て再び感染者は増えている。再度の休業になれば、賃料などの負担に耐えられないと判断し閉店を決めたという。  ジャパンイマジネーションは、扱うブランドをセシルマクビーを含め五つほどに絞り込み、ネット通販の強化などで立て直しを図る。(佐藤亜季)