未分類

阪神感染3選手らは8人で会食 球団ルール抵触

阪神感染3選手らは8人で会食 球団ルール抵触

試合前、ベンチ内で話し合う阪神の選手たち。左から2人目は矢野監督(撮影・狩俣裕三)

ヤクルト6-3阪神>◇25日◇神宮 阪神で選手5人、スタッフ2人の新型コロナウイルス感染が判明する緊急事態が起きた。2軍で浜地真澄投手(22)の感染が24日夜に確認され、1、2軍首脳陣と選手、スタッフら全員のPCR検査を実施。25日に糸原健斗内野手(27)陽川尚将内野手(29)岩貞祐太投手(29)馬場皐輔投手(25)の1軍4選手、同スタッフ2人の感染が判明した。濃厚接触者らを含めて計19人を入れ替えて臨んだ25日のヤクルト戦(神宮)は逆転負けした。 【写真】足早に神宮の室内練習場に入る近本光司ら阪神の選手たち   ◇   ◇   ◇ 虎がショッキングな事態に見舞われた。球団は25日午前に2軍の浜地が新型コロナに感染したと発表し、午後には糸原と陽川、岩貞、馬場の4選手と1軍スタッフ2人の計6人の感染も明らかにした。20日まで1軍に同行していた浜地の感染が24日夜に判明したため、1、2軍の監督、コーチ、選手、チームスタッフ147人全員がPCR検査を受けた。その結果、大量感染の発覚となった。 浜地は21日から軽度の頭痛を感じていて、24日に鼻づまりや軽度の頭痛、倦怠(けんたい)感を申告して病院を受診した。直近は2軍調整で、22日のウエスタン・リーグ広島戦(由宇)に中継ぎ登板。ただ、11日から20日までは1軍登録されており、球団によると、19日には遠征先の名古屋市内の飲食店個室で、馬場を含むチームメート計4人で会食した。行動履歴を保健所に提出した結果、同席した小川と岩崎は濃厚接触者と判断され、出場選手登録を抹消された。 一方で19日は福留と糸原、陽川、岩貞、江越、木浪、小林、スタッフ1人の8人が同市内の別の飲食店を貸し切って会食。そのうち岩貞、陽川、糸原とスタッフ1人が陽性判定を受けたため、球団では念のためこの会食の参加者を濃厚接触者と同様に扱うことを決め、出場登録から外した。これで計10人が外れる緊急事態となった。 阪神では3月に藤浪ら3選手が感染。外出自粛が呼びかけられる中、他に4選手と球団外の人物とで知人宅で会食したことが問題視された。現在は感染拡大状況などを考慮し、広島と名古屋の遠征時は球団指定日に限り、球団関係者や家族との外食を許可し、9月は19日が指定日だった。外食時は個室や4人まで、手洗い徹底という制限をつけており、8人での会食は球団ルールから外れていた。 25日にナゴヤ球場で行われる予定だった2軍中日戦は中止に。名古屋に遠征している首脳陣、メンバー、スタッフ40人はPCR検査の結果、全員が陰性だった。名古屋遠征のメンバーから9選手が1軍に招集され、藤浪らが急きょ東京入り。計19人に及ぶ大量入れ替えとなった。“名古屋組”は1軍の移動バスが神宮の室内練習場に到着してから約1時間後に合流。複数感染に陥ったチームは、ドタバタで臨んだナイターでヤクルトに競り負けた。【松井周治】 ◆感染拡大防止特例2020(通称特例2020) 新型コロナウイルス感染や、その疑い(選手および家族)、発熱があったり、濃厚接触者となった場合、特例2020による登録抹消選手として公示し、代替選手を指名できる。 ・感染していない場合は通常の10日間を待たずに再登録可能。再登録によって抹消される選手は代替選手とは限らない ・代替選手が抹消された場合、10日間を経ずに再登録が可能 ・通常の選手異動で抹消されていた選手が10日間を経ていなくても代替選手として登録できる ・選手数や同一選手の特例適用回数制限を設けない ・不正な申告が認められた場合はチーム、選手に制裁を科す ・適用選手は抹消日から1、2軍の練習に合流する日までの期間がFA日数と追加参稼報酬の計算に加算される