未分類

損保3社、自動車保険料値下げへ 性能向上で事故減、来年1月から

損害保険大手の損保ジャパン三井住友海上火災保険、あいおいニッセイ同和損害保険が来年1月から、任意の自動車保険の保険料を引き下げることが26日、分かった。値下げは3年ぶりで、平均の下げ幅は1%弱となる。自動車の性能向上で事故が減っていることを踏まえた。  各社とも前年に事故を起こしていないことを前提に、契約の7割以上が値下げ対象になる見通し。損保ジャパンは平均0.5%程度、三井住友海上とあいおいニッセイ同和は1%未満の値下げになるとしている。契約内容によっては保険料が上がるケースもあるという。  残る損保大手の東京海上日動火災保険は来年4月に料金改定の予定。