未分類

姫路市 中学校の男性教諭「執拗にクラクションを鳴らし距離を詰めて追走」 あおり運転容疑で書類送検

兵庫県姫路市の中学校の教諭が、執拗にクラクションを鳴らし距離を詰めて追走するなどし、あおり運転をしたとして、書類送検された。  書類送検されたのは、姫路市の中学校に勤める40代の男性教諭。警察によると、男性教諭は今年7月、姫路市内で車を運転中、30代の女性が運転する車に執拗にクラクションを鳴らし、距離を詰めて追いかけたほか、無理な追い越しを繰り返すなど、約340メートルにわたってあおり運転をした疑いがもたれている。  男性教諭は脇道から県道に入ろうとした際、県道を走っていた女性の車にクラクションを鳴らされたことに腹を立て、妨害を始めたといい、容疑を認めている。  「あおり運転」を厳罰化した法律の改正以降、県内で適用されるのは初めて。