未分類

小池都知事、あすからの4連休について「外出はできるだけ控え、外出する場合には万全の準備をしていただきたい」

東京都では22日、新たに238人の感染確認が確認された。小池知事は夕方の臨時会見で、「感染拡大をなんとしても食い止めなければいけない」として、23日からの4連休中について、「外出はできるだけ控え、外出する場合には万全の準備をしていただきたい」と都民に向けて呼びかけた。 【映像】「想像力ない」専門家が国に”苦言”  また、事業者に対しては7月31日までにステッカーの掲示をするよう要請。民間の医療機関に対する最新の検査機器導入の支援などにより、1日あたり1万件の検査処理能力を目指していくこと、無症状・軽症者向けの施設拡充などの対策も併せて発表した。  これに先立ち開かれたモニタリング会議では、都内の感染状況について中高年齢層の感染者が増加、経路も多岐わたっていること、また地域が拡大していることから、4段階のうち最も高いレベルの「感染が拡大していると思われる」、また、医療提供体制についても「“都の医療が逼迫していない”というのは誤り」だとして、2番目に高い「体制強化が必要である」との認識が示されている。(ANNニュース)