未分類

日本橋に国内最高層の木造の賃貸オフィスビルが建設予定、三井不動産と竹中工務店が検討

日本橋に国内最高層の木造の賃貸オフィスビルが建設予定、三井不動産と竹中工務店が検討

パース画像

 三井不動産竹中工務店が、木造高層建築物として国内最大かつ最高層となる賃貸オフィスビルの新築計画の検討を開始した。建築予定地は日本橋本町一丁目で、2023年に着工し、2025年の竣工を目指す。 三菱地所が開発を進めている常盤橋タワーとトーチタワーのイメージ画像  賃貸オフィスビルの想定規模は、地上17階、高さ約70メートル、延床面積は約2万6000平方メートルで、使用する木材量は国内最大規模の1000立方メートルを超える見込み。主要な構造部材には竹中工務店が開発した耐火集成材「燃エンウッド」など最先端の木造技術を導入する。木材は三井不動産グループが保有する森林から調達するほか、国産材を積極的に使用することで建築資材の自給自足および森林資源と地域経済の持続可能な好循環を実現。環境に優しくCO2排出の削減にも寄与するプロジェクトを目指しており、同規模の鉄骨造オフィスビルと比較して約20%のCO2排出削減効果を想定している。