未分類

LCCのジェットスター、国内6路線運休…拠点も閉鎖し事実上の撤退へ

日本航空が50%出資する格安航空会社(LCC)「ジェットスター・ジャパン」(千葉県成田市)は8日、国内全24路線のうち、新型コロナウイルスの感染拡大で需要が伸び悩んでいた6路線を25日以降、運休することを決めた。再開のめどは立っておらず、事実上の撤退とみられる。  対象となるのは、関西空港と福岡、熊本、高知を結ぶ3路線、中部国際空港と新千歳、鹿児島を結ぶ2路線、成田空港と庄内を結ぶ1路線の計6路線。来年3月までは冬ダイヤとして運航する予定だった。感染拡大で同社は減便を続けており、運航を続ける路線についても11月は374往復を減便する。  運休にあわせ、パイロットや客室乗務員が勤務する関西空港の拠点も閉鎖する。同社によると、この拠点に勤務する社員は成田、中部の両空港の拠点に異動する。  同社は2020年6月期の単体決算で、最終利益が77億円の赤字となっていた。9月には全てのパイロットと客室乗務員計600人に対し、希望退職や無給の長期休暇の取得を提案するなど人件費削減を進めていた。6路線の運休に伴い、希望退職を改めて募集する。  国内のLCCを巡っては、中部空港を拠点とする「エアアジア・ジャパン」(愛知県常滑市)が日本での事業継続を断念すると発表するなど、感染拡大による需要減で経営環境が急激に悪化している。