未分類

池袋暴走、遺族が会見で「残念」 被告の無罪主張に悔しさにじませ

池袋暴走、遺族が会見で「残念」 被告の無罪主張に悔しさにじませ

東京・池袋で起きた乗用車暴走事故の初公判を終え、亡くなった妻真菜さんと長女莉子ちゃんの写真とともに記者会見する松永拓也さん=8日午後、東京・霞が関の司法記者クラブ

 東京・池袋で昨年4月に起きた乗用車暴走事故で、犠牲になった松永真菜さん=当時(31)=と長女莉子ちゃん=同(3)=の遺族が8日、東京地裁の初公判後、都内で記者会見し、無罪を主張した旧通産省工業技術院の元院長飯塚幸三被告(89)に対し「私たち遺族の無念や2人の死と向き合っているとは思えず、ただただ残念だ」と悔しさをにじませた。 89歳被告「車に何らかの異常が発生し、暴走した」無罪主張 池袋暴走初公判

 会見には夫の拓也さん(34)と、真菜さんの父上原義教さん(63)が出席した。拓也さんは、法廷で飯塚被告が謝罪した際、視線が合わなかったと明かし「私を見ているわけではなく、誰に向けて謝っているのだろうと感じた」と話した。