未分類

桑マン次男・桑野将春 月9出演していた!初ドラマ「監察医 朝顔」続投 不良少年→刑事「毎日が勉強」

桑マン次男・桑野将春 月9出演していた!初ドラマ「監察医 朝顔」続投 不良少年→刑事「毎日が勉強」

昨年7月期の月9「監察医 朝顔」でテレビドラマ初出演を飾り、シーズン2続投も決まった桑野将春(C)フジテレビ

 “桑マン”ことミュージシャンの桑野信義(63)の次男で若手注目株の俳優・桑野将春(21)が昨年7月期に放送されたフジテレビの看板枠“月9”「監察医 朝顔」でテレビドラマ初出演を飾っていたことが分かった。月9史上初の2クール連続放送される「監察医 朝顔」シーズン2(11月2日スタート、月曜後9・00)にも、引き続き刑事役で出演。「とてもうれしいです!またこの作品に携われると聞いた時はすごくワクワクしました!」と続投を喜んでいる。 【写真】似てる⁉桑野将春の父「桑マン」こと桑野信義  昨年7月期に放送されたシーズン1は、主演の上野樹里(34)が2006年10月期の大ヒット作「のだめカンタービレ」以来13年ぶりに月9に挑戦したヒューマンドラマ。06年から「週刊漫画サンデー」に連載されていた同名の人気医療漫画(原作・香川まさひと、漫画・木村直巳)を原作に、新米法医学者・万木朝顔(まき・あさがお)が遺体の解剖を通じて真実を明かしていく姿や、法医学者と刑事(時任三郎)という異色の父娘を描いた。  シーズン1初回(19年7月8日)の冒頭、野毛山署強行犯係に赴任した万木平(まき・たいら/時任)の傍らで「離せ、クソババア!」と悪態をつきながら少年係の鈴木真紀(伊藤真奈美)に連れられていた不良少年を演じたのが桑野将春だった。  その後、不良少年は改心し、刑事に。5年後には野毛山署強行犯係勤務となっていた…という裏設定。実際、第5話のラストから5年が経過した第6話(同8月19日)からは、将春演じる刑事がしばしば登場。シーズン2は、より野毛山署強行犯係の面々にフォーカスが当たるため、毎話登場予定。月9“本格デビュー&出演”となるシーズン2の演技が注目される。  シーズン1からの続投に、将春は「とてもうれしいです!第1シーズン出演後、第2シーズンが始まるという報告と共に、お仕事のオファーを頂きました。またこの作品に携われると聞いた時はすごくワクワクしました!」と喜び。「初めてセリフを頂いたドラマがこの作品でした。また地上波のドラマということもあり、出演シーンは一瞬でしたが、ものすごく反響はありました」。シーズン1の第5話が特に印象深く「セリフはなかったんですけど、不良少年が更正して、お世話になった女性警察官の結婚式に出席して号泣しているシーンです。このシーンがなければ、刑事にはなっていなかったのかな、なんて!」とテレビドラマデビュー作を振り返った。  シーズン2の撮影も進み「現場では毎日が勉強です!それと同時に自身、楽しんで撮影に挑めています。先輩の方々の演技を間近で学べますし、ドラマが出来上がっていく流れを見るのはとても興味深いです。またスタッフさんや裏方の方々の動きも観察しています。現場では色々と吸収できることがたくさんあります」と刺激。「引き続き撮影はあるので、記憶に残る作品にできるようキャスト、スタッフの皆さんと一丸となって誠心誠意努めてまいりますので、是非!『監察医 朝顔』の今後、並びに桑野将春にご注目ください!」とアピールした。  今後の目標については「俳優という職業を通して、さまざまな方に影響力を与えられるような人間になります。縁と感謝、笑顔を常に大切にする役者でいることが目標です」と将来像を描いている。