未分類

東京・調布市の住宅街で車道が5メートル陥没

東京・調布市の住宅街で、道路の一部が深さ5メートルほど陥没しました。  18日正午すぎ、調布市東つつじヶ丘で「道路が陥没している」と近くの住民から通報がありました。警視庁によりますと、市道の一部に深さ5メートル、幅4メートル、縦2メートルほどの穴が開いたということです。現場は京王線・つつじヶ丘駅近くの住宅街で、けが人などは出ていません。  「ドーンと地震みたいな音がしたので、揺れがあったので、なんだろうと思ってちょっとここ開けたら、少し亀裂が入っていたの。それで何か変だなと思っていたら、だんだんだんだん穴が大きくなって今の穴になった」(近隣住民)  陥没の原因はわかっていませんが、近くでは外環道の大規模な地下トンネル工事が行われていて、工事を主導するNEXCO東日本が、近隣の住民を避難させるなどして原因を調べています。(18日16:32)