未分類

九州今夜も線状降水発生のおそれ

6日(月)、梅雨前線が対馬海峡付近で活発になっており、九州北部は大雨になっています。九州北部は、あす7日(火)にかけて断続的に非常に激しい雨が降り、記録的な豪雨になるおそれがあります。夜間も激しい雨が降り続き、雨の降り方によっては周囲の状況が急激に変わるおそれがあります。明るい時間帯に早めに安全な場所に避難するなど、大雨に対して最大級の備えをして下さい。

梅雨前線活発化 九州北部も土砂災害の危険高まる

6日午後に入り、梅雨前線に伴う活発な雨雲は九州北部にかかり、九州北部では猛烈な雨や非常に激しい雨が降り、大雨になっています。 長崎県や佐賀県、福岡県でもきのう5日の降り始めからの雨量がすでに200ミリに達している所があります。 午後3時現在、長崎県や佐賀県、福岡県、大分県、鹿児島県では土砂災害の危険度が「きわめて危険」な状態になっている所があります。崖の近くなど土砂災害の発生しやすい地区にお住いの方は、早めの避難を心がけて下さい。

夜間も非常に激しい雨のおそれ 早めの避難を