未分類

「裏方にまわることはない」TOKIO長瀬智也の母が語った!

ジャニーズ事務所を来年3月末で退所するTOKIO長瀬智也(41)。母が、「週刊文春」の取材に応じ、長瀬への思いと今後について語った。 【画像】記者の直撃に丁寧に応じてくれた長瀬 「事務所に入る時、『絶対に弱音を吐かない』と約束したこともあり、彼は普段からぐちめいたことを言わないんですが、(メンバーとの)不仲はありえない」  13歳でジャニーズ入りし、1994年、TOKIOのデビュー曲「LOVE YOU ONLY」でボーカルに抜擢された長瀬。知人によれば、長瀬の母はブティックや飲食店を経営しながら、女手ひとつで育てていたという。  近年、長瀬はTOKIO以外の活動に力を入れていた。昨年11月にはアパレルブランドのパーティーにDJとして参加。また今年2月には、友人が経営するショップの販促映像の撮影で「監督」として出演者やカメラマンに指示を出していた。 「事務所は報告がないと注意したが、長瀬は平然としていたそうです」(芸能関係者)

 長瀬の今後については、ジャニーズ事務所は〈裏方としてゼロから新しい仕事の形を創り上げていく〉と発表した。  だが、母は「裏方にまわるという報道が出ていますけど、そんなことはないと思います」と語り、こう続けた。 「出発点はアイドルでしたけど、彼も40歳を超えて、色々考えることがあったんじゃないでしょうか。来年3月までジャニーズさんにお世話になるので、今後のことはこれから考えるんじゃないか。ずっと音楽はやりたがっていたし、これからも続けると思います」  7月30日(木)発売の「週刊文春」では、長瀬がいつTOKIOのメンバーと袂を分かつ決断を下したのか、交際女性が気づいた変化や、母を感動させた長瀬の言葉などを詳報する。