未分類

女子中高生に「アベノマスク」が大はやり! 日用品すら「SNS映え」させる現代的センスとは

新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、2020年4~6月に計約1億3000万枚が全戸配布されたアベノマスク。さらに8000万枚を介護施設などに追加配布する案も浮上していましたが、皆さんは使っているでしょうか? 【画像】女子中高生たち自作! 盛大にデコられた「アベノマスク」の数々を見る(7枚)  ところで、あの何の変哲もない真っ白な布マスクが今、女子中高生などのZ世代(1996~2012年に生まれた若者たち)の間で大はやりしているというのです。  一体なぜなのでしょうか?

デコるパターンは大きく3タイプ

 緊急事態宣言の解除に伴い、中学校や高校などはコロナ以前の登校スタイルに徐々に戻りつつあるそうです。  そこで同級生と再会する機会が増え、アベノマスクを一緒に使うようになったようです。  とはいえ、アベノマスクをあの真っ白な状態で付けるのではなく、彼女たちなりにデコって(デコレーションして)使っているといいます。  デコるパターンもさまざまで、 ・ペンでカラフルなイラストを描くタイプ ・シールを貼るタイプ ・マスクを超えて顔までデコるタイプ と、大きく分けて3タイプがあるのだそう。  いったいどのようなデコなのか、順番に見ていきましょう。

イラスト派に人気なのは村上隆

女子中高生に「アベノマスク」が大はやり! 日用品すら「SNS映え」させる現代的センスとは

盛大にデコられた「アベノマスク」(画像:mijote._10)

 まず、「イラストを描くタイプ」。文字通り、マスクに色ペンでデカデカとイラストを描きます。  1番人気のイラストは、現代アーティスト村上隆氏のあのカラフルな花のデザインです。  村上氏の花の絵は、2020年6月、アメリカの大人気アーティスト ビリー・アイリッシュとのコラボTシャツがユニクロから発売され話題となり、売り切れの店舗も続出しました。  ほかにも、さくらんぼモチーフのピアスなどがかわいらしい、ラフォーレ原宿(渋谷区神宮前)などにショップを構えるアクセサリーブランド「Liquem(リキュエム)」とのコラボ商品が発売されるなど、若い女子たちが目にする機会が増えていました。  こうしたことから注目されて、アベノマスクに描くイラストとしても採用されたのでしょう。  この花の絵のほかにも、ディズニーキャラクターなど定番のキャラクターも描かれることが多いようです。  続いて、「シールを貼るタイプ」。  実際に使われるシールを見てみると、大人世代にとっては「懐かしい」と感慨を覚えるものもあるのではないでしょうか。  キラキラのホログラムシールや、ラインストーンのシール。そう、90年代後半頃、当時の女子高生たちが手にしたばかりの携帯電話にたくさん貼ってデコっていたのと同じようなシールが使われているのです。  当時を知る人なら、今の女子高生たちのデコマスクを見て「私たちの頃と似てる~!」なんて感想を抱くかもしれません。

大量のシール「息できるの?」

 ちなみに、貼るシールの量は「それ息できる?」とちょっと心配になってしまうくらいに大量です。  何だか幼稚園に通っている女の子があこがれるようなポップなデザインのものが多く、ディズニープリンセスのシールも使っている人もいて、このタイプはより個性の出るパターンと言えそうです。  そして、さらに個性が強調されているのが「マスクを超えて顔までデコるタイプ」です。  もともと顔にワンポイントでシールを貼ることは流行していましたが、コロナ以降、マスク装着が必須になったことでシールを貼れる部分が少なくなってしまいました。  そこで、マスクだけでなく露出面積の少ない顔にまではみ出すほどシールを貼り、さらにはマスクで隠れている顔部分にもこっそりシールを貼って、「マスクを取ったときもカワイイ」を作り出しているのだとか。  そしてこれらのデコマスク、ただ作るだけには当然収まりません。その後やるのは、もちろん「制服プリ」「ジャージプリ」を撮ることです。

「アベノマスク」をあえて強調

女子中高生に「アベノマスク」が大はやり! 日用品すら「SNS映え」させる現代的センスとは

全戸に配布されたアベノマスク。これを意外な方法でアレンジして使うのが今の女子中高生たち(画像:ULM編集部)

 制服姿やジャージー姿で、自分でデコったアベノマスクを持ってプリクラを撮り、「#アベノマスク」「#アベノマスクリメイク」などのハッシュタグを付けてInstagramに投稿します。  中にはちょっと親しみを込めてなのか、安倍首相がマスクを取る姿をマネしたポーズを取るなど、アベノマスクを使っていることを強調してプリクラを撮る子たちもいるようです。  このように、そのままではちょっと味気のないものを自分たち流にアレンジして「カワイイ」にチェンジすることが今、若い女子たちの間で流行しています。

何でもアレンジする「創造力」

女子中高生に「アベノマスク」が大はやり! 日用品すら「SNS映え」させる現代的センスとは

Instagramで「#アベノマスク」というハッシュタグが付けられた投稿一覧のスクリーンショット(画像:ULM編集部)

 アベノマスク以外にも、例えば100円ショップに売っているネームタグにネットプリントサービスで印刷した写真を挟んでオリジナルのキーホルダーにしてみたり、プールや海に行くときに使う透明のプラスチックケースの中に入れるアイテムを厳選して映える持ち物に変化させてみたり。  大人にとっては「え?それを?」というものさえ、上手にアレンジしてオリジナリティーを出しているのだから、彼女たちの創造力には驚かされるばかりです。  今回ご紹介したアベノマスクのアレンジは、前述の通りコギャル全盛期のデコ電を思い出すようなものも多いので、やはり「流行は繰り返す」ものなのかもしれません。  気になる方はInstagramなどを検索してご覧になってみてはいかがでしょうか。  何の変哲もないモノを「映え」へと昇華させるZ世代のスタイル。アベノマスク以降も、また新たな流行がいろいろ生み出されていくはずです。これからもきっと彼女たちに驚かされること間違いなしでしょう。