未分類

九州で死者63人行方不明者16名続く豪雨

詳細ページ公式ページ熊本南部を中心に九州全域に甚大な被害をもたらした豪雨の発生から11日で1週間。犠牲者は63人に上り、不明者16人の捜索が続く。1級河川の筑後川や球磨川をはじめとする85の河川が氾濫し、各地で土砂災害や家屋の損壊、浸水被害が相次いだ。九州北部では11日にかけても非常に激しい雨が予想され、さらに被害が拡大する恐れもある。 【上空ルポ】豪雨の爪痕、今なお生々しく…熊本の今  熊本県の死者は計60人。内訳は、球磨村20人▽人吉市19人▽芦北町10人▽八代市6人▽山鹿市2人▽津奈木町1人▽住所不明2人。福岡県大牟田市で2人、大分県由布市で1人の死亡が確認された。  気象庁によると、3日の降り始めからの降水量は熊本県湯前町や鹿児島県鹿屋市、大分県日田市椿ケ鼻などで軒並み千ミリを超えた。福岡県大牟田市でも937ミリに達し、7月の平年値の2~3倍に当たる降水量を記録した地点もある。  九州7県で発生した土砂崩れは127件。浸水、損壊した家屋は少なくとも計1万1744件。10日現在、1799世帯4068人が避難所に身を寄せる。  死者の多くは土砂崩れや河川の氾濫に伴う住宅への浸水で命を落としたとみられる。最も被害が大きかった熊本県では球磨川が氾濫し、特別養護老人ホーム「千寿園」(球磨村)で入所者14人の命が奪われた。県内の3町2村で少なくとも402人が孤立に近い状態にあり、家屋被害は9日時点で全壊23棟、半壊14棟、一部損壊が45棟。床下・床上浸水は6221件。  大分県では日田市の筑後川が2度にわたって氾濫。玖珠川でも水があふれ、1人が行方不明となり、天ケ瀬温泉街に甚大な被害が出た。由布市では大分川支流の氾濫で4人が行方不明。県によると、26世帯50人が孤立状態にある。  福岡県では、筑後地方を中心に連日のように激しい雨が降り、大牟田、久留米両市の住宅街や田園地帯の広範囲が冠水。床上・床下浸水は4901件に上る。筑後地方では10日午後に強い雨が降り、両市を含む4市に避難指示が出ている。  気象庁によると、梅雨前線は11日にかけて九州北部を南下、局地的に非常に激しい雨が降る恐れがある。これまでの雨で地盤が緩んだ地域は多く、土砂災害や河川の増水、氾濫に厳重な警戒を呼び掛けている。

ここに文字を入力してください