未分類

伊勢崎(群馬)で40℃超 都内でも今年初の39℃台 都心は37.3℃

伊勢崎(群馬)で40℃超 都内でも今年初の39℃台 都心は37.3℃

11日(火)午後1時の気温推計実況

 11日午後1時過ぎ、群馬県伊勢崎市で気温が40.1℃まで上がり、全国で今年最も気温が高くなった。また、群馬県桐生市で39.4℃、東京都八王子市で39.3℃を観測するなど、関東の内陸を中心に猛烈な暑さに見舞われ、東京都心でも午後1時過ぎに今年最高となる37.3℃を観測した。なお、気温35℃以上の猛暑日が200地点を超えたのは、今年初めてとなる(午後1時10分まで)。  広い範囲で熱中症の危険度が特に高くなっているため、高温となっている時間帯は、不要な外出や暑さを避け、水分をこまめに補給する必要がある。屋内でも、特に西日があたる環境では、冷房を適切に使用するなど、じゅうぶんな熱中症対策を心がけたい。

伊勢崎(群馬)で40℃超 都内でも今年初の39℃台 都心は37.3℃

12日(水)の予想最高気温

 あす12日(水)も、東日本の太平洋側を中心に厳しい暑さが続く見込み。連続する昼間の暑さや、夜間の寝苦しさにより、体調を崩しやすくなっていることが考えられる。普段以上に、熱中症など健康管理に注意が必要だ。 (気象予報士・高橋和也)