未分類

【14日の天気】止まらぬ猛暑 暑さの蓄積で熱中症の危険度高く 北日本の天気は下り坂

【14日の天気】止まらぬ猛暑 暑さの蓄積で熱中症の危険度高く 北日本の天気は下り坂

14日(金)の全国の天気と予想最高気温

 きょう14日(金)も東日本や西日本を中心に猛烈な暑さが続く。体温以上の暑さになる所があるため、熱中症には警戒が必要だ。  一方、北日本の天気は下り坂で、午後は日本海側から雨の範囲が広がる見通し。

続く猛暑  昼夜問わず熱中症対策を

【14日の天気】止まらぬ猛暑 暑さの蓄積で熱中症の危険度高く 北日本の天気は下り坂

14日(金)の最高気温分布予想

 きのう13日(木)は全国の138地点で気温が35℃以上の猛暑日となったが、きょうも東日本や西日本を中心に猛烈な暑さが続く。特に気温が上がりそうなのが岐阜、京都、高松で最高気温は38℃予想、そのほか名古屋や宮崎などで37℃予想と、体温より高い気温が予想されている所がある。

【14日の天気】止まらぬ猛暑 暑さの蓄積で熱中症の危険度高く 北日本の天気は下り坂

14日(金)午前5時の気温推計実況

 昼間だけでなく、朝晩も気温が下がりにくく、暑い時間が長くなっている。  これまでの暑さの蓄積で体に負担がかかっているため、体調管理に十分な注意が必要だ。  こまめに水分や塩分を補給し、意識的に日陰を選んで歩くなど、なるべく暑さを避ける行動を心がけてほしい。

雷雨は山沿い中心に

【14日の天気】止まらぬ猛暑 暑さの蓄積で熱中症の危険度高く 北日本の天気は下り坂

14日(金)夕方の発雷確率

 気温上昇に伴い、きのうは関東などで激しい雷雨になった所があったが、きょうも大気の状態が不安定になることが予想される。  雷雨の範囲はきのうよりは狭く、主に山沿いが中心となるが、局地的には激しい雨や雷雨になるおそれがある。  東日本や西日本では山沿いの地域を中心に空模様の変化に注意が必要だ。

北日本は天気下り坂

【14日の天気】止まらぬ猛暑 暑さの蓄積で熱中症の危険度高く 北日本の天気は下り坂

14日(金)午後3時[上]と午後7時[下]の雨の予想

 大陸から低気圧と前線が近づき、そこに向かって暖かく湿った空気が流れ込むため、北日本の天気は下り坂に向かう。  北海道では早い所では昼前には雨雲がかかりだし、午後には北海道や東北北部で雨の範囲が広がる見込み。  北陸や東北南部でも、所々でにわか雨がありそうだ。 (気象予報士・多胡安那)