未分類

日本の恐怖スポット「髪の長い女を見た友人が数日後死亡」

日本の恐怖スポット「髪の長い女を見た友人が数日後死亡」

北海道にある”最恐”スポット、雄別炭鉱の病院跡(時事通信フォト)

 とても暑い今年の夏。肝試しにでも行って、涼しい気分を味わうのものいいだろう。そこで、“行ってはいけない”と言われる、4つの“最恐スポット”を紹介する。

■雄別炭鉱(北海道) 住所:北海道釧路市阿寒町雄別22線道道667号線(釧路空港から車で約40分)  1919年、日本有数の石炭産出地だった釧路に創設された雄別炭鉱。最盛期には学校や病院、映画館、鉄道も敷設されて人口は1万人を超え、まるでひとつの“町”だった。  その一方で、ガス爆発(1935年には95人、1955年は60人の死者が出ている)や落盤、崩落などの事故も多かった。炭鉱が斜陽となった1969年に再び爆発事故(死者19人)が起き、1970年、ついに閉山。以来、この一帯は廃墟化し、道内屈指の恐怖スポットに。  なかでも病院跡(写真)は多数の霊的現象が起こる最恐ポイントとされ、霊感の強い人は気絶してしまうこともあるとか。なお、周辺は国有林のため、現地へは入林許可の申請が必要。ヒグマとの遭遇にも要注意! 【体験者の声】 「友人の1人が『髪の長い女性が立っている』と急に泣き始めた。そして数日後、事故で亡くなってしまった」 「霊感がまったくない私と友人でしたが、ゲートを通過した途端に体が重くなって。絶対に興味本位で行かない方がいいと思います」 ■三段壁(さんだんべき・和歌山県) 住所:和歌山県西牟婁郡白浜町(南紀白浜空港より車で約6分)  高さ50~60m、長さ約2kmの断崖が続く南紀白浜の景勝地。「恋人の聖地」にも認定される超メジャーな観光スポットだが、年間十数人が投身する自殺の名所でもあり、崖の手前に「投身自殺者 海難死没者 供養塔」が設置されているほど。  1950年に若い男女が口紅で岩に遺言を書きつけて自殺を図り、その文字が「口紅の碑」として断崖の岩に刻まれている。洞窟内には牟婁大辯才天(むろだいべんざいてん)が祀られ、ここも「何か出る」との噂が。 【体験者の声】 「自殺願望の女性の後ろから『早く飛び込みな』と声がかかったとか」 「心霊よりも“落ちたら死ぬ”怖さが勝る場所でした!」

■油井グランドホテル(千葉県) 住所:千葉県東金市油井(東金ICそば)  1970年代にオープンし、1995年、いけす料理店に転換。看板から別名「ホテル活魚」とも。刺殺事件や焼身自殺など次々と事件が起きるという噂があったが、2004年、女子高校生が5人組の男に拉致、絞殺された。死体は大型冷蔵庫に遺棄。凄惨な事件の舞台となってしまった。現在も廃墟が残り、訪れる人も多い。 【体験者の声】 「毎日車で通るのだが、白い服の女性が目の前を横切り、建物の前の森にふっと消えるのを何度も見る」 「重い扉が急に開いた」 「2年前に行ったとき、やんちゃな高校生がうるさくて肝だめしにならなかった」 ■犬鳴隧道(いぬなきずいどう・福岡県) 住所:福岡市と直方市を結ぶ県道21号線上 「周辺には地図上には存在しない村がある」という都市伝説が生まれ、ホラー映画『犬鳴村』まで作られた最恐スポット。1975年に新犬鳴トンネルが開通し、使われなくなった旧隧道は治安が悪化。強姦、保険金殺人事件や、1988年には20才男性の暴行・焼殺事件で全国にその名が知られることになった。現在、旧トンネルは通行不可になっている。 【体験者の声】 「友人の1人が急に『行かないかんけん』とひとり言をつぶやきながら歩き出し、慌てて引き返した。彼はただ、『高いところから落とされて死んだ夢を見た』とだけ覚えていた」 ※女性セブン2020年9月3日号