未分類

【パンクラス】開場10分前に急きょ試合中止を発表、選手に陽性反応

【パンクラス】開場10分前に急きょ試合中止を発表、選手に陽性反応

中止となり消毒作業が始まるパンクラスの試合会場

 8月23日(日)、東京・新木場スタジオコーストで開催を予定していたパンクラスの格闘技イベント『PANCRASE317』が、出場選手から新型コロナ陽性が出たため当日の開場直前に中止を発表した。陽性が出た出場選手の名前は公表されていない。 【フォト】会場に並べられた観客席と試合場、人を入れず厳戒態勢だった。  パンクラスの酒井正和代表はSNSで「この度パンクラスは、本日スタジオコーストで開催予定の『PANCRASE317』の中止を決定致しました。パンクラスでは7日前に抗体検査、大会当日に抗体検査、抗原検査と3段階の感染検査を実施しております」と厳重な検査をしていたと報告。  そして「今回3段階目の抗体検査で当日試合予定の選手より陽性反応が出たため、急遽中止を決定しました。中止に関して、開場10分前という直前に判明した事態でしたが、ご来場者の皆様の健康と安全を最優先に考えて即刻中止を判断いたしました。今後の詳細については、改めてニュースリリース等でご案内させていただきます。2020年8月23日パンクラス代表 酒井正和」と中止を報告している。  今回の大会はメインイベントにフェザー級 次期挑戦者決定戦としてUFC帰りの同級5位・堀江圭功(ALLIANCE)と同級4位の中島太一(ロータス世田谷)の対戦など本戦全8カードが用意されていた。試合が中止となり、会場、試合場などの消毒作業が始まった。  会場に第3試合に出場する予定だった宮澤雄大(ストロー級6位/K-PLACE)に、ある選手が陽性反応が出て中止になったことについて聞くと「仕上げてきたのに残念ですがまた、次に向けて心を作っていこうと思います」と前向きにコメントしたが選手、関係者共にショックは大きいだろう。  コロナでの当日中止は格闘技では米のMMA団体ベラトールの3月14日(日本時間)の大会開始の5時間前に中止を発表しているが、日本では8月13日に新日本プロレスで出場選手が発熱を訴え、午後6時の第1試合開始直前に急きょ中止をアナウンスするなど、集客できる大会が始まったからこそ、更なる警戒が主催者に求められている。